ごあいさつ

はじめまして。

メンタルケア心理士 甘利 緋呂子です。



私は子供の頃から、自分らしく自由に生きることを、自分自身に許可してこれませんでした。

その結果、多くのストレスを伴う問題だらけの人生を生きることに。

それはまるで、自分自身に「枷」を着けて自分自身を監視するような、苦しい日々だったと思います。

メンタルケアの仕事を始めてから、まずは私が、自分自身を苦しめている数多くの「枷」を外すことを課題にしています。

このブログは、「自然体で自由に楽に生きたい私」のチャレンジの中での「気づき」「学び」を、私と同じように「辛くて苦しい人生」を生きている人にシェアする目的で綴っています。

「辛くて苦しい人生」を生きている人は、心に数々の「枷」をはめています。

その、心にかけてしまった数々の「枷」を、ひとつずつ外していく。

ひとつずつ、「鍵」で開けていく。

そのための「鍵」を届けることが、私の役割のひとつだと考えています。


広告