自分にガマンを強いることと「罪悪感」の関係

貴女は、「罪悪感」を感じたくなくて、自分がガマンする方や犠牲を払う方を選んでいませんか?

 

 

私事ですが、母親が認知症になったり父親が入退院を繰り返して、事実上の介護離職となっていた時期がありました。

その時、親たちの年金だけで生活していて、私はその罪悪感から自分のものを一切買えないという状態に陥っていたのです。

 

食事は、親たちには肉や魚などを買って調理して出すけれど、私は料理しながら台所でご飯にふりかけをかけては立ち食いすることがほとんど。

炭水化物ばかり食べるから、太るくせに、不健康。

そんな生活が1年ほど続いたある日、体調不良で病院行き。

 

体調不良の原因は貧血やら何やらで、こんなに太っているのに栄養不足って…

高い医療費払って、なによ?これ。

本末転倒。バカみたい。

 

 

この時、お勤めして収入を得られないのだから、せめてメンタルケアの方の仕事で稼げばいい。

そう思っていました。

でも、とてもじゃないけど、他人の相談に乗ってあげる、問題解決のために知恵を出す、なんてできる状態じゃなかった。

 

日々の生活でいっぱいいっぱい。

助けてほしいのはこっちの方よ!って感じで、結果的にメンタルケアの仕事の方もほぼ休業状態でしたね。

 

 

私は長女なのですが、子供のころはよく母に言われていました。

「お姉ちゃんなんだから、(妹に)あげなさい!」って。

 

私と妹は5歳年が離れています。

ですから、妹が姉のものを欲しがるような年齢のころには、私も物事が分かるくらいに成長していたんですよね。

 

そして幼い妹が、私が他人にもらったものなどを欲しがると、母親は決まって言う。

「お姉ちゃんなんだから、あげなさい」って。

 

そういう時、私は思っていました。

「私がもらったものなのに、どうして妹にあげなきゃいけないの?」

 

お菓子などの、分けられるものだったらまだいい。

悲しかったのは、分けてあげられないものを要求された時でした。

 

 

そういう幼少期を生きていたからか、私には、自分はガマンして他人を優先するスタイルが定着。

自分がもらったものでさえ妹にあげなきゃならなかったのですから、親がもらう年金で生活するなんて、罪悪感以外の何ものでもなかった。

 

 

でも、もしかしたら私、自分にガマンを強いるための理由を、自分で勝手に作っているんじゃないか?と思ったのです。

「楽に生きてはいけない」と言わんばかりに、自分に負荷をかけるのではないか?と。

 

セルフセラピーカードの「罪悪感」のカードは、まさにこれを絵に描いたもの。

3

あ~、これって単なるドMじゃん?

って、笑えません?

 

…そうですね。

私は、母親に言われたから妹にものをあげたのではなく、妹にあげなかったことの罪悪感を感じたくなかったのかもしれませんね。

「罪悪感」とは、「罪の意識」です。

「自分は罪を犯した」と、「良心の呵責」に耐えられない。

 

でもね、こういう習慣、変えていかなきゃいけないな、と思うわけで。

結局、「罪悪感」は無くても、ガマンや犠牲を払った分は、別のマイナスを背負う形になるんですもん。

そこにメリットなんてないんです。

だって、ただ「罪悪感」から逃げたいだけですから。

 

これからは、「罪悪感」に負けない自分で生きることに、チャレンジです。

ガマンや犠牲を選ぶことのない自分で生きていきたいですもんね。

 

 

広告