「悪口」や「愚痴」を言ってくる相手への対処法は?

直前の記事に書きましたが、人間関係のトラブルを避けたいなら、まずは、自分が「類友」を引き寄せないようにする。

人に悪口を言われたくないなら、自分が人の悪口を言わないことです。

ただ、自分自身が人の悪口や愚痴を言わないのは、自分の努力で何とかなるでしょう。

しかし、人の悪口や愚痴を言ってくる人はけっこういますから、トラブルになる前に対処が必要です。



これは私の過去の話です。

某派遣先に入ったところ、私の直属の上司である社員Aさんが、他の社員数名の悪口を言ってきました。

新しく入った派遣社員でその職場のことが何も分からないからいいと思ったのか、仕事そっちのけで職場の同僚たちの悪口三昧。

派遣社員という弱い立場であり、入ったばかりで慣れずにいる上に、輪をかけてストレスフルだった私。

私はその時、悩みに悩んで、勇気を振り絞って上司Aさんに言ったことがあるのです。

「同じ職場の人の悪口を言わないでもらえますか?」と。

でも、そんな訴えはまったく効果なく、Aさんの悪口は止まらない。

結局、その上司Aさんと関わるのが嫌で、そこの派遣先はすぐに辞めてしまいました。


こんな風に、職場の中など、共通の人間関係の中での悪口を聞かされるのは、けっこう辛いもの。

しかし私たちの多くは、こうして、人の悪口を言ったり言われたりするのが現実なんですよね。

これじゃあ、いくら「私は人の悪口を言わない」と頑張っても、ストレスが溜まります。

それに、自分が人の悪口を言わなくなると、人の悪口を聞くことも嫌になってくる。


では、こういう人たちに、どう対処したらいいのでしょうか?

これは、「自分のやり方」を模索すればいいと思います。

例えば私の友達Bさんは、誰かが誰かの悪口を言い始めると、少々強引にでも話を変えるようにするそうです。

相手が複数人なら、別の人と話をするようにするとか、2人きりの時なら、トイレに立つなどもするそうです。

私も、あの時は一生懸命に考えて「同じ職場の人の悪口を言わないでもらえますか?」と言ったはずなのに、効果がなかった。

じゃあ、これからはどうしたらいいのか?と考えた結果、私流のやり方を見つけました。


私は今後、もし私に人の悪口を言ってくる人がいたら、

「じゃあ、直接本人に言ったらどうですか?そんなに言いたいことがあるなら、直接本人に言うのがいいですよ?」

と言おうかと。



そして、こういうことは、「愚痴を言ってくる相手」に対しても考えることです。

私の友達Cさんは、「愚痴ばかり言ってくる人」には、最初から会わないようにしてるとのことでした。

電話で話したいと言われても、「ごめんね、最近ちょっと忙しくて」のように、うまく逃げるとのこと。

ただ、こうして「愚痴ばかり言ってくる人」と最初から分かっている場合は事前に対処ができますが、よく知らない人だったり、突然愚痴モードに入ってしまったらどうするか?

私は、自分も愚痴を言うし、職業柄なのか、愚痴は聞いてやるものだ、かのような気持ちがあります。

でもたいがい愚痴というのは、人の悪口が混ざっているものですから、けっこう厄介なのですよ。


なので私、これに対しても私流の対処方法を決めました。

作戦① 「ごめんね、私、プライベートだと守秘義務ないから、黙ってるって保証できないの。人に喋っちゃうかもしれないよ?良かったら有料だけどカウンセリングにする?」

作戦② 「そんなことばっかり言ってるからダメなんだよ!問題解決しようって努力しなよ!」みたいにダメ出し&説教をする。

この2つに「言いたいことがあるなら直接本人に言いなよ」を加え、「緋呂子さんには話したくない」と相手に思わせたら成功。


もちろん、仕事ではこういったことは絶対にありません。

だって、その時のクライアントさんの愚痴は、「問題解決のための現状説明」ですから。


「悪口」にも「愚痴」にも、自分流の対処方法でいいんです。

人と同じではなく、自分のキャラに合った方法を使ってください。


「悪口」や「愚痴」に付き合うと、ただ聞いていただけなのに「共犯」扱いされることもありますね。

私は過去の職場で、社員同士の悪口大会に同席していただけなのに、「緋呂子さんも悪口を言った」とされ、嫌な思いをしたことがありました。

その場にいただけで「共犯」扱いなんて冗談じゃありませんよ。

そうなると、自分の身は自分で守るしかないですから、「悪口や愚痴は受け付けない」という主義を貫くことが必要ですね。

広告