自分を大切にするために、時には「言い訳」も「逃げる」もOKにしてみる

私はたびたび「まじめだね」と言われます。

自分では、私ほどだらしのない無責任な人間はいないと思っている反面、やはり、まじめなのだと自覚することは多いです。 

「人に迷惑をかけたくない」

私はいつも、思っています。

私の「理想」は「自立した人間」であり、精神的にも肉体的にも経済的にも、人に寄りかかることのない、依存することのない、強い人間です。


しかし現実はこれとはほど遠く、結婚もせずに親のすねをかじり続けて生きてきましたし、メンタルは軟弱、最弱。

以前、某施設で検査を受けた際の「ストレス耐性」が「0.4%」で、その場にいたスタッフ数名も驚いていた状態です。

ストレス耐性が低くてメンタルが軟弱なことは、即、健康に影響します。

すぐに自律神経をやられ、寝込むほどの体調不良に陥るわけですが。

こんな軟弱者の私でも、「人に迷惑をかけたくない」と思っている。

だから、軟弱者なりに、無理をするのです。


でもね。

思うのですよ。

「頑張れ、頑張れ」と自分にムチを打つことは、時に、自分を壊してしまうのだと。


人に迷惑をかけてはいけない。

人間は努力しなきゃいけない。

人とはうまく関わらなきゃいけない。

こうして、生きるための「試練」だと言わんばかりに、自分に厳しくする。

でもね……

これって果たして、常に正しいことなのでしょうか?


仕事は長続きしない、人とも上手く関われない私は、自分に「ダメ人間」のレッテルを貼って生きてきました。

だから、「今度こそ失敗しないように」と、失敗した時は自分を裁き、激しく自分を責める。

でもこれは、「自分を大切すること」とはちょっと違うのではないか?と、思うのです。

失敗をして、反省して、次にまた失敗をしないように自分を戒める。

これは必要なことでしょうし、正しいことなのだと思います。

けれど、こんなに自分を戒めてばかりじゃあ、苦しくないでしょうか?

だって、次は失敗しないようにと、常に自分を監視していないとなりません。

そこには「自由」ってものは無い気がします。

生きる目的が、「失敗しないこと」になっている気もします。


なので私は、思うのです。

時には、自分を守るために、責任逃れをしてもいいんじゃないかな?って。

「私、知らな~い」って言って、無責任に逃げてしまってもいいんじゃないか?

「私のせいじゃないも~ん」って、反省もせずに知らんぷりしてても、いいんじゃないか?


矛盾していますか?

そうですね。

矛盾していますね。

しかし人間は、「矛盾」を抱える生き物なんですよ。

この世は矛盾だらけです。


私たちは、「魂」と「肉体」の両方を持って生きています。

「魂」は成長したいもので、「肉体」には限界があるもの。

だから、日々の出来事による気づきや学びを必要とするのと同時に、有限である自分の体も守っていかないとなりません。

私は心のストレスが体を直撃します。

ですから、時には、「私、知らな~い。私のせいじゃないも~ん」と、「魂の成長」より「生身の肉体」を優先することも必要なのです。



人間には本来、「防衛機制」という、心のストレスを回避しようとする能力が備わっています。

ストレスで心や体が壊れてしまわないよう、言い訳したり逃げたりと、一見良くないと思われる考え方をするのです。

だから、それはそれでいいじゃないですか?

全ての人間に与えられた権利ですから。

確かに、自分と向き合い、問題解決を探す、行動して結果を出すことは、必要なことです。

ですが、自分自身あっての人生、健康あっての人生。

言い訳したり逃げたりする自分を「反省していない」「無責任だ」などと責めずに、そういう自分もアリだな、と、許してあげましょうか。

広告