私の中の愛すべき「怠け者ちゃん」

私事ですが、先週あたりから、自律神経がだいぶ落ち着いてきたことを感じています。

晩秋から冬に入り、気温が下がったことも理由かと思うのですが、やはり、数々抱えていたストレスが少しずつ減っていったことが、一番の理由でしょうね。


今朝、改めて思いました。

私は、「休む」ことが苦手だと。


「休む」の代表である「睡眠」の質が悪く、「眠れていない」ことが全ての体調不良の源のようです。

先週か、先々週か、夕飯を食べてすぐに寝てしまったことがありました。

そして、夜中2時くらいに起きて、また寝て、結局、翌日の昼すぎまで寝てしまったのですが、この後、体調がすこぶる良いことに気づいた私。



私は俗に言う「ロングスリーパー」です。

1日9時間以上は寝ます。

ところが、メンタルにダメージを受けると、眠れなくなってしまう。

その結果、自律神経系をやられて調子が悪くなる。


これは、そうなる原因が自分で分かっているので、常に自分の課題にもなっていることです。

原因は、「働かざる者食うべからず」とする、我が家の親たちの言葉の「呪縛」。

言葉を理解できるようになったころから、繰り返し繰り返し言われ続け、刷り込まれた、「親たちの価値観」でした。

それが私を縛り、苦しめている。



今朝もふと思ったのです。

「仕事していないからって、こんな時間まで寝てたらダメだよね」って。

一昨日の木曜日は地域の可燃ゴミ収集日でしたが、私は10時近くまで寝てしまい、ゴミ出しに間に合いませんでした。

その時の罪悪感ったら。

私ってどんだけダメ人間なのよ?と、玄関に置きっぱなしにしたゴミ袋を見て大反省。



「仕事に行っても行かなくても、朝は早く起きなきゃ!」

そう思うのです。

「でないと、体内時計が狂って昼夜逆転生活になっちゃうし、仕事に行き始めたら大変だもの」って。


「朝遅くまで寝ている」=「だらしない生活」といった意識が、「明日こそちゃんと起きなきゃ!」というプレッシャーになる。

が、翌朝は目覚まし時計を止めて二度寝してしまい、やっぱり9時くらいまで寝てしまうのでした。



今朝、そんなことを考えていたら、頭の中に、「黒い点」が見えたのです。

(実際に目で見たのではなく、イメージワークの中で、です)

その黒い点をズームしてよくよく見ると、柱のようなものの陰でこちらを見ながら涙目でブルブル震えている、全身真っ黒の二頭身の子でした(笑)

その黒い子が言うんですよ。

「怒らないで。怠けてるって、怒らないで」って。


……あ。

これだ。

この子が、今、私が救うべき「自分自身」なんだ。

そう直感しました。


この黒い子のお名前は、「怠け者ちゃん」です。

今朝も9時過ぎまで寝てしまったので、この子が「怒らないで」と懇願している。

……そうだった。

私は自分に、「働かざる者食うべからず」とする親の価値観で生きることを強いてきた。

だから、「怠け者ちゃん」が生まれた。


寝てばかりいる、休んでばかりいる、ダメな自分をイメージの中で形にしたものが、「怠け者ちゃん」なのです。

私は自分自身に、「休む」ことを許可していない。

「休む」ことは「怠ける」ことだと思っているから。


私たちにとって「睡眠」は必要なものであり、「休む」という行為も大切なものだと、頭では分かっているのです。

でも、頭では分かっていても、心で許していない。

理解はできていても、許可はできていない。



「何もしない日」「ただ寝るだけの日」「好きなことをして過ごす日」など、自分自身を労って癒す日を、意識して作らないとダメな人って、いますよね?

私もその一人ですが(苦笑)

それもおかしな話だと思います。

そう決めないと自分に許可できないなんて。


私にとって睡眠は、必要だから、その時間まで寝てしまうのだと思うのです。

ストレスによって常に興奮している脳を休めるためには、長く眠らないとダメなんだってことかな?と。


だから、私の中の「怠け者ちゃん」が、柱の陰でブルブル震えながら涙目で「怒らないで」と懇願しないで済むようにしたいな、と思った今朝。

しっかり動く、しっかり働くためには、しっかり寝て、しっかり休むことが大事ですもんね。

広告