「シャドウ」自分の中にある否定したい悪の存在

セルフセラピーカード No.23 「シャドウ」

心理学用語に「シャドウ」という言葉があります。

これは、「自分の中にある否定したい悪」という意味を持っていて、この「シャドウ」は「他人に投影される」ものです。


昨日私は、お友達と会ってお茶をしながら、お友達がすいぶん前に働いていた職場の同僚の悪口大会をしてきました(笑)

もちろん、それはお互いの「シャドウ」に対しての悪口になるわけです。

だいたい、人の気に入らないところって、「シャドウ」なんですよ~

「自分の態度の悪さを棚上げして、あの人って挨拶しないとか、言ってるんだよね~」

「勤続年数長いからって、上からな言い方するよね~」

「40歳過ぎて結婚したいとか言ってるけど、お料理全然できないじゃ~ん」

「自分に都合の悪いことは全部人のせいにするよね~」

「私ってデリケートだとか言っちゃって、個人のメアドに抗議メールもらったよね~」


なーんて、もうずいぶん前の職場の同僚のことなのに、大笑いしながら悪口言ってきたのですが。

これ、み~んな、私とお友達の「シャドウ」です。


「シャドウ」って、「自分が認めたくない悪い自分」。

でも、こうやって人の悪口言ってみると、その相手に「投影」されていることがよく分かります。


どうでしょうか? 悪口大会した私たちの中に、

「自分の態度の悪さを棚上げして、人を批判したい」

「勤続年数長いからと、上からものを言いたい」

「スキルが伴っていなくても、自分の欲求を叶えたい(料理ができなくても結婚したいと言いたい)」

「自分に都合の悪い子とは全部人のせいにしたい」

「相手の個人メアドに抗議メールを送りたい」

といった「悪意」があったことが、お分かりいただけるでしょうか?



「シャドウ」は、他人(投影)を使って、私たちにその姿を見せつけてきます。

それなのに私たちは、「そういう他人」だと思い込み、批判的に見ては、平気で悪口を言うわけです。

いやいや、違う違う。それはあなた、あなたなのよ~。

私たちは自分の姿を見せられているだけなのよ~。


「シャドウ」は、「いい人の仮面(ペルソナ)」とセットとして存在するもの。

「いい人」でいようとすると、周囲が「シャドウ」だらけになってしまいそう(笑)

ですので、ワタシ的には、適当に「シャドウ」を解放してあげることを、オススメします。

さて、自分の態度の悪さを棚上げして、人を批判するか~(笑)

あ、いつもしてるか~(笑)

広告