「できません」と言ってあげないと相手は気づけません

あなたは、自分のキャパを越えている仕事を頼まれた時や、自分のすべき仕事ではないと判断した時などに、仕事をふってきた相手に「できません」と言えますか?



「言いたいことが言えない」傾向の人は、相手に「自分のことを分かってもらえない」と苦しむことが多いですよね。

そして、日頃「言えないこと」は、自分の中にネガティブな感情として蓄積していきます。

私もよくありますが、人に頼まれると「ちょっと無理してしまう」こと。

これは仕事でのことが多くて、派遣社員の私は「え?これって私の仕事かな?」と一瞬考えても、「はい。分かりました」と答えてしまう。

相手は私より若くても社員だし、仕事をもらう立場の私にとっては、「え?それって私の仕事ですか?」なんてこと、今までは絶対に言えませんでした。

でもね、こちらが「NO」を言わないと、「YES」だと思われてしまうのです。

そして、一度「できてしまう」と、相手は次からも普通に頼んでくるでしょう。

ですので、言いたくなくてもなんでも、「できません」と「NO」を言わなきゃならないでしょうね。



これは、とある知人から聞いた話ですが。

彼女は派遣社員として、とある企業で一般事務をしています。

ですが、手が足りない部署へ度々ヘルプで行かされることがあり、その度に、その部署の仕事も覚えないていかないとならないそうです。

そのせいで、彼女がカバーしなければならない仕事の範囲はどんどん広がっていきました。

ところが彼女の職場には、彼女をまるで自分だけの専属アシスタントとでも思っているような扱いをする男性社員がいて、彼女が自分の思い通りにならないと八つ当たりまでするとか。

でも彼女は、今年から新たな別部署の仕事もしなくてはならないことで、その男性社員の仕事だけを優先するわけにはいかなくなってしまったらしいのです。


なので彼女にアドバイスするとしたら、「そういう人には、できませんってハッキリ言ってあげてください」でしょう。


おそらく、そういう男性社員のような人は、相手のことなど考えないタイプだと思いますよ。

ですので、こちら側の都合を言葉で伝えてあげる必要があるってこと。


実は私も、相手の要求に応えられない自分のことを「ダメ人間」だと裁いて責める傾向が強いです。

その彼女も最近までは、「仕事ができないってことでクビにされたらどうしよう?」と不安に思っていたらしい。

けどね、企業側から次々に要求されることを、彼女は必死で頑張って応えてきたわけで。

なので彼女、「そうやって頑張ってる自分のことを認めてあげようと思い始めた」と話してくれました。

それを聞き、私も嬉しかったです。



ですが、彼女が職場で常に頑張っている、=無理をしていることには賛成しかねます。

そこで、相手のことも考えずに仕事をふってくる人には、ハッキリ断るようにしてほしい。

そういう人は、口で言われないと分からないですもん。


で、そこで「仕事ができない」と思われてクビになったとしても、そこの職場が合わなかったというだけのこと。

そんな、無理をしないと務まらないような職場は、しょせん長続きはしないでしょ。


誰だって、能力の限界のところで無理している自分を分かってもらえなければ、不満が生まれます。

その不満はどんどん溜まっていくものだし、イライラして愚痴も言いたくなりますよね。

仕事に行くことが嫌になってしまうかもしれません。

そうなる前に、自分のキャパを越えている仕事や能力に合わない仕事は、断ることです。

それも権利ですから。

断っていいのです。

「できません」と断ることに、罪悪感は必要ありませんよ~

広告