心に縛りがあると「自分が喜ぶこと」にお金を使うことができません

あなたは、「自分が喜ぶこと」にお金が使えますか?

「自分が喜ぶこと」にお金を使うことに、罪悪感がありませんか?


日頃から自分に制限をすることが多い人は、「自分が喜ぶこと」に上手くお金が使えません。

例えば、素敵なレストランで食事したいと思っていても、「ダメダメ。外食なんてお金がもったいない」などと考えていると、「自分が喜ぶこと」から遠ざかってしまいます。


時に、「自分が喜ぶこと」は、ちょっぴり「贅沢」なことかもしれませんね。

特別な時だけの「ご褒美」的なものかもしれませんし。

しかし、「自分が喜ぶこと」を知っていながら、あれこれと理由をつけては「与えない」となると、それは明らかに「欲求不満」の領域に入っていく気がします。


「自分が喜ぶこと」は「ガマン」という「縛り」で遠ざける。

まぁ、「理想」と「現実」はいつだってギャップがあるものでしょうけど。



これは私のことですが。

去年の5月に、ライスワークである派遣の仕事を辞めてから、すっかり貧乏になっていました。

食べていくだけで精一杯な状況でしたので、生活の中の「必要なもの」しか買えなかった。

しかも、派遣で働いて収入があったころに買っていたものからレベルを落とし、金額的に安いものを選んで買っていました。

もちろん、ストレスの程度に応じて「自分にご褒美」は与えていたつもりですが、そのレベルも必要最低限で。


私は本来、浪費家です。

物欲が強く、買い物が大好き。

ですが、親の年金で細々と生活する日々は、そういった自分の欲求を殺す日々でした。

ですが今回、また派遣の仕事を紹介してもらって働くことができているので、一昨日、思い切ってバッグを買ったのです。

たぶん、バッグを新調するなんて、何年ぶりのこと。

新しいもの好きな私なのに、お財布ももう何年前に買ったのか思い出せないくらい使っていますし。

生活必需品ではないものは、買えませんでした。

でも本当は、バッグも財布も靴も化粧品も買うのが大好きで、ブランドものも大好き。

(バブル時代が懐かしい~・笑)


えぇ、ですから、買いました(笑)

ネットじゃなくて、百貨店で(笑)

しかも、2つ(笑)

1つは以前から欲しかったもので、もう1つは一目惚れで衝動買いですね。

それでも、数年ぶりにバッグを買ったからか、一目惚れを買えたからか、驚くほど気分が上がるのを感じました。

嬉しくて嬉しくて、帰宅して商品の包装を解き、見てはニヤニヤしていましたよ。


私も思います。

そうは言っても、お金が無きゃ、物も買えないって。

だから、毎月の収入が安定する仕事に就かなければ、いつまで経ってもバッグなんて買えなかったって。

でもね、いいじゃない。

バッグくらい買ったって。

自分のためにお金使ったって、いいじゃない。

生活必需品じゃなくても、いいじゃない。

なんだかそんな、開き直りに似た思いが私を支配していました。

去年は特に親のことにお金がかかり、自分のことは何から何まで後回しだった気がします。

でも今年は、自分のためにお金と時間を使いたい。

そんな気持ちを形にしたことが、バッグの購入となったわけですが。



「お金がもったいない」からと、欲しいものも買わず、「自分が喜ぶこと」にお金を使わないことも選択肢の一つではあると思います。

もともと倹約家だったり、お金を使うことに興味がない人もいるでしょう。

しかし、生活の経済的な事情と言った「現実的な縛り」でなく、「心の縛り」のせいで「自分が喜ぶこと」にお金が使えないとしたら?

それは自分がかわいそうだな、と思います。

と言うより私はいつも、「私って(親の)犠牲になるばかりで、かわいそうな人間だな」と思っていました。

そして、その不満は「怒り」となり「憎しみ」となって、そのネガティブな感情は親に向いていたと思っています。



「自分が喜ぶこと」「自分のモチベーションがあがること」に、お金を使いませんか?

バッグを買った私は、「よし!このバッグを持って出勤して、仕事頑張ろう!」と思えましたから。

今年に入ってから働き始めたので、まだお給料を1度もいただいていないんですよ(笑)

なのに買い物してしまった大胆さも、私の個性の中の側面ですから、まぁ、いいでしょう(笑)


自分ためにお金を使う、「自分が喜ぶこと」にお金を使うことは、必要な自己投資だと思います。

気分上げて生活するために、自己投資を惜しまないことをオススメしたいです。

広告