お金?スキル?「寂しいから求める」今の私が本当に欲しいものは何?

昨日、親友と食事しながら私は、今の自分が仕事に対してモヤモヤしていることを話しました。

ここ最近、親友に話すのはその話ばかりです。

「仕事(会社)、どうしようか?」

「次は何して働こうか?」

そんな話題で親友を振り回し、いつも申し訳ないと思うのですが。

何としても方向性が決まらない。

だから、苦しい。

したい仕事や、向いていると思われる仕事をあげてみる。

でも、それなりにデメリットやリスクはあるし、何より、52歳のオバサンを使ってくれるか?ってことが大問題よ。

今の仕事(派遣)は、キャリアがある、というだけで何とか使ってもらえてるだけ。

…はぁ~

何も閃かない自分にタメ息出ちゃう。

親友と、あーでもないこーでもないと話したけれど(親友を困らせたけれど)、結局これと言って答えは出ませんでした。


が。

親友と別れて車で帰宅する運転中に、ふと、思ったのです。

「そうだ。私が今、一番欲しいものが手に入ること、が、転職の条件だ!」


私は、職種や業種、スキルやキャリアなど、「仕事」という部分しか見ていなかったことに気づいたのです。

けど、そうじゃない。

今の私が一番欲しいものは、仕事の喜びや不満を分かち合える「仲間」なんだ。

同じ方向を向かって頑張ることができる、「仲間」が欲しいんだよね。


私は今の派遣先で働き始めてから、ずっと、「寂しかった」のでした。

派遣社員という立場の人間も私ひとりだけ。

仕事の内容が社員とは違うため、なおさら距離がありました。

大勢いる若い社員達の中で、派遣でオバサン。

共通の話題もなく、常に孤独感と疎外感を味わい続けていた私。

だから、次は、「仲間」を作れる職場に行きたい!

なので、問題は、「職場」なのだ!



みんな、働く理由はそれぞれでしょう。

それに、能力も個々に違う。

お金(給料)が最優先という人もいれば、職種が最優先という人もいる。

でもね、私、今の派遣先は、いまだかつてない高時給で、キャリアを積み重ねてきた専門職なのよ。

好きな仕事に、私テキには高時給。

しかも派遣先は、通勤は車で10分くらいという、近い場所にあります。

でも、…それだけ、なのです。

なので、思いました。

好きな仕事でも、高いお金もらえても、誰とも喋らないし、誰にも褒められないし、必要とされてるのかされてないのかも分からない…って、悲しい、って。


生きるために生活費を稼ぐ=仕事に行くことでしょ?

しかし人間、孤独は辛いと思います。

ほんと、日々痛感しているわけで。

「寂しい」という感覚は、人間が他者と関わるために必要なものなのかもしれませんね。

「寂しい」が無くなったら人類は滅亡するかも?とさえ思いましたよ、今回。



「辞めたら次は無いかも?」と不安に思わないわけではありませんが、ほぼ死んだような感じで体だけ出社しているような今の状態は、おそらくもう長くは続けられないでしょう。

ですので、次の職場を求めて就活開始することに決めました。

仕事って、お金だけもらえればいい、ではないですね。

スキルアップもしたい、必要とされたい、賞賛されたい、仲間と分かち合いたい、などなど、いっぱいあります。

仕事選びって、「お金だけもらえたらいい」とか、「家から近ければいい」とか、とかく「条件」ばかりを見がちな気がします。

でも、「楽しい」「居心地がいい」「やりがいがある」というような部分も見るべきですね。

そしてまずは、今の自分が仕事(職場)に対して本当に欲しいものを誤魔化さずに、ちゃんと「欲しい!」と認めることも大事ではないでしょうか。

広告

「自分を変える」「運気の流れを変える」ために必要なことは

貴女は、「今の自分を変えたい」「今の運気の流れを変えたい」と思ったことはありますか?

 

「でも、どうしたら自分を変えることができるのか、分からない」という声が聞こえてくるのも現実です。

多くの人が、現状の自分や環境に満足せず「変えたい」と願っているのに、実際は変えられていないというケースが多い。

 

けどね、「自分を変える」「流れを変える」方法って、言葉にするのはわりと簡単。

 

何かを変えたいなら、今までのやり方と別のやり方をすればいいのです。

今までと同じことをしていたら、今までと同じ結果にしかなりませんから。

 

これは、未来解決志向カウンセリングの基本中の基本で、

「上手くいったことは、もう一度やってみる。上手くいかなかったら、やり方を変えてみる」なのですよ。

 

同じように動くから、同じように失敗するでしょ?

なので、これはもう、「行動を変える」に限る。

 

自分を変えたいなら、自分の行動パターンを崩し、「別人のような」行動をしてみるのです。

今までの自分だったら普通にしていたことを、しない。

今までの自分だったら普通にしなかったことを、する。

 

 

人間には「恒常性(ホメオスタシス)」という機能があり、これは、体の中を「一定の状態に保ち続けよう」とするものです。

ですので気持ち的にも、今までと違うことをするには、抵抗があるのかもしれません。

 

 

私も、もっと自分が幸せを感じられる状態で、日々生活したいと思っています。

それには、習慣化してしまっているネガティブな意識や行動を、変えていかないと。

 

さぁ、今日はどれだけ行動を変えることができるか?

自分にチャレンジです(笑)

「動く人」と「動かない人」の差は?

貴女は、モヤモヤしながら「絵に描いた餅」を眺めてばかりいませんか?

 

 

私もそうなのですが、モヤモヤしている時って、行動しなくて頭で考えてばかりいる時が多いんですよね。

頭の中で一生懸命にシミュレーションするのだけれど、実際に自分の手足を使って動いていない。

 

例えば私の場合。

「チラシを置いてください」と、営業に行きたいお店があったとします。

でも、「チラシ作るのが面倒臭い」とか、「化粧するのが面倒臭い」とか、色々と考えて、最後には、

「どうせ、チラシを置いてもらったところで、集客にはつながらないだろう」など、「(営業に)行かない理由」を考え始めてしまうのです。

もちろん、こうなると、その日は営業には行きません。

 

「結果が出せない人」というのは、こうして、「動かない人」に多い気がします。

 

だって、「行動する」から「結果が出る」んでしょ?

 

 

集客のためにチラシを作って、見てくれそうなお客さんが来るお店に置いてもらう。

すると、その行動は、何かしらの「結果」を出すわけです。

 

チラシを目にしたお客さんが、問合せをしてきてくれるかもしれない。

または、全く無駄だったということになるかもしれない。

どちらにしろ、何らかの「結果」を受け取れることにはなるのです。

 

 

「行動する」から「結果」が出る。

「結果」が出れば、その「出た結果」への「対処」ができる。

日頃から「動く人」は、こうして次から次へと結果を受け取り、その都度対処をしながら、確実に前へ進んでいくわけです。

 

動かないでいるということは、そこに立ち止まったままでいる、ということ。

「動かない人」はいつまで経っても「結果」を受け取れず、前進もできないまま…

 

 

「動く」には、パワーが必要ですね。

それが自分にとって「ハードルの高いもの」でしたら、尚更です。

ですが、そこを頑張って、動く。

自分の手足、体を使って、行動する。

 

その結果として、モヤモヤしながら待っているよりも、「受け取るもの」は多いと思いますよ。