今、悩んでいること②「職場で誰とも話さないこと」

私事ですが。

ここ最近、「つまんないな」と心から思う事。

それは、「職場」です。

だって、誰とも話さず、笑うこともない、ただひたすらパソコン画面に向かって作業する日々なんですもん。


私がいるのは30人ほどいる大部屋で、その中で派遣社員は私だけ。

女性は社員が3名いるだけで、あとは全部男性。

もちろん、仕事中は仕事の話をするのが当たり前でしょうから、笑いや雑談を求めるのは無理って分かります。

でもね、派遣の私は朝礼にも会議にも呼ばれず、社員に与えられた仕事しかない。

社員たちが笑って雑談していても仲間には入れないし、仕事の話でディスカッションしていても、私は部外者。


「疎外感」と「孤独感」は、派遣社員でいる以上は仕方ないのかな?とも考えるのですが、今まで働いてきた職場で今みたいな気持ちを味わったことって無かった気がするのです。

昨日、ある知人にこの話をしたら、「そういう職場が好きで向いている人もいるよね」と言われました。

うーーーん、そう言われると、私はね~


先週の金曜日、私は職場で、たった4回しか言葉を発していません。

「おはようございます」「お先に失礼します」は普通に挨拶で、作業して仕上げたものをプリントアウトして上司のところに持って行き、「できました。チェックお願いします」と、タイムカードに押印してもらう時の「お願いします」「ありがとうございました」って。

たったこれだけ。

この現実に、自分が一番驚いているんですよ。

「口から生まれてきた」と両親から嫌味ばかり言われていた口数の多い私が、この現状によく耐えているよね?とも思いますし。


仕事は好き。

好きなことしか仕事にできませんから。

でも、さすがにこの状態じゃあね…

会社に行きたくない、つまらない、って思ってしまうのも当然だよなー、と思います。

親友にメールで愚痴ったところ、「職場は、仕事だけしていればいいんじゃなくて、プラスアルファも必要だと思うよ」といった返信もありまして。



でも、このことから私は、かなり重要な気づきを得ることになりました。

それはこの次で書きますね。

広告

今、悩んでいること①「私、このままでいいのかな?」

私事ですが。

平日フルタイムで仕事(ライスワーク)をしていると、週末の休日は現実的な処理を優先することになります。

掃除、洗濯、買い物などなど。

それに加え、妹家族や知人友人と食事に行く、猫を動物病院に連れて行く、などなど、ゆっくり休む間もなく、また月曜日になってしまう…

といった繰り返しなのは、きっと私だけじゃないんでしょうね。

自分の時間なのに、自分の思うように使えていない。

というよりも、自分を癒す時間、解放する時間が作れていない、と、最近特に感じます。


お金のために生きているわけではないですが、お金がないと生活できないことが現実なので、ライフワークとしてのメンタルケアワークよりも、生活費を稼ぐためのライスワークである派遣の仕事の方が優先される。

それは仕方ないことだとは分かっているものの、正直言って、

「私、なにやってんの?」と自問することも少なくないのです。

好きな仕事をするために、まずは生活を安定させる必要がある、と思っていました。

なので、ライスワークとして派遣で働き、収入を得ることがベストだと。

しかし、ここ最近、なんだか虚しくなるんですよね。

「私、このままでいいのかな?」って自問してばかりいます。


会社に行くと、ブログネタにしたいエピソードや気づきがあるのですが、それをブログにしてアップする時間がない。

覚えていられないからメモしておくのですが、仕事ですっかり疲れてしまい、帰宅してパソコン開けることもできません。

これじゃあ、「生きるために仕事をしてお金を稼ぐ」のではなく、「お金を稼ぐために生きている」になっている。

だから、「それって、どうなのよ?」と、自問し始めるわけで。


私にも夢(?)があり、いずれ、ライスワークとライフワークを統合したい、と考えています。

今はそのための通過点であり、勉強の時なのだと思い、日々生活をしているのですが……

先の見えないトンネルなのか、トンネルじゃなくて穴の中に迷い込んだのか分からない今…

短気だし、わりといい度胸していてサッサと決めるタイプの私が、ちょっとモヤモヤしてるんですよね~

うーーーん。

私は人の期待に応えないことが怖い「イエスマン」でした

私事ですが、今、職場で少々問題を抱えています。

情報開示には限界があるので詳細は書けませんが。


まぁ、派遣社員として働く私が自分自身で考えている業務内容と、派遣先で要求される業務内容が違うことが原因です。

派遣元には、自分のスキルを伝えてありますし、派遣先での面接の際も伝えました。

でも、いざ現場に入って働いてみると、あれもこれもと次から次へと要求があり、クビになりたくない私は、それらを全て受け入れる形になっていました。


自分の中に「派遣先での要求を受け入れないとクビになる」「相手の期待に応えないといけない」とする気持ちがあり、とにかく、「物分りのいい、できる人材」として振る舞うことに精一杯だったのです。

ですが、そんな付け焼刃のような仮面は、あっという間にはがれることに。


自分のスキル以上の業務を請け負うことは、ストレス・負担なんてものではなかったのです。

先日、仕事中に、息苦しさと動悸、頭痛が一気に来て、座っていることが精一杯の状態になりました。

このまま椅子から落ちて倒れてしまうのではないか?と思ったくらいでした。

それが夕方だったため、そこは何とか持ちこたえて、次の日は休んで病院を受診。

ここ最近、息苦しさと動悸がひどかったため、循環器内科へ行ったのですが、そこで検査もした結果、心臓には特に問題ないとのこと。

「精神的なものでしょう」という診断を受け、スッキリしないまま帰路についたのですが。


これまで何回か、派遣先の社員や上司には話をしてきましたが、それらはすべて、「どうしたらクビにならずに済むか?」という気持ちからのものであり、今の自分自身の状態を打ち明けることはしませんでした。

「要求される仕事ができない」=「期待に応えることができない」となると、間違いなくクビになる。

そうなれば無収入ですから、クビになることだけは絶対に許せなかった。


しかし、体調はどんどん悪くなる一方で、週末に書いていたブログも先週は書けず、ついには自律神経失調症で体温調整が上手くいかなくなったのか、寒くて眠れないといった事態に陥ってしまいました。

そこでもう、腹をくくり、派遣元に連絡して現状を伝え、「要求されている仕事は自分のスキルを越えているので、できない」と、派遣先に伝えてもらえるようにお願いしたのでした。


それが先週の木曜日のこと。

正直、怖かったです。

今も、怖くて怖くて、昨日も今日も寝込んでしまいました。

何も手につかず、食料の買い出しにも行けず、家事もできません。



私は、「イエスマン」をやめたのです。

だから、その結果どうなるか?その影響が怖くて、引きこもっている。

「できない」と相手に伝えることがこんなに怖いことだとは知りませんでした。

「できない」と派遣元に言おう、と決めた前の晩は、布団に入ってからひどい悪寒と動悸に襲われましたし。

「恐怖」というものを感覚で知り、本当に辛かったです。

でも、「イエスマン」をやめないと、どこまでも健康を害してしまう。


それに、派遣社員には何の保障もありませんから、健康を害して働けなくなったらアウトです。

働く場所は、他にもあるでしょう。

でも、働く自分自身には、スペアがありません。



私がなぜ「イエスマン」としてしか生きて来られなかったか?

それは、子供のころの親との関係性に原因がありました。

私の父親は、自分の言う事をきかない私に殴る蹴るの暴力を振るいましたし、母親は、「厄病神」と罵っては無視する、疎外する、という人でしたから。

親の「イエスマン」でいなければ、ひどい目に遭う。

私の「イエスマン」のルーツなんて、たったそれだけのことでした。

「NO」を言えば、報復される。

反旗を翻したと受け取られ、攻撃される。

だから、親の言う事をきく、「物分りのいい子」であれば、攻撃されない。

そもそも嫌われていて大事に扱かってもらったことなどありませんが、暴力を含めた攻撃は勘弁してほしい。

たったそれだけのことが、50歳を過ぎてもなお、影響し続けている、というわけです。


「イエスマン」をやめることは、怖いことですね。

相手に攻撃されるリスクもありますから。

でも、私にはもう、ガマンができませんでした。

明日、仕事に行けば、結果が出るでしょう。

「イエスマン」をやめたことで攻撃されるなら、喜んでクビになろう、と今は思っています。

うーん。儲かりません。私は何のために働いているの?

私事ですが。

昨日の午後は、確定申告の準備をしていました。

家族の分、自分の分。

数字、苦手なので、けっこう大変です(笑)


で、金銭出納帳を付け終わり、そこにある収入と支出のバランスを見て……

うーーーん。まったく儲かってないじゃん。

と、改めて実感。


思うのです。

確かに私のライフワークであるメンタルケアの仕事は、60分5.000円、とライスワークでしている派遣の仕事より、時間給にしてみて高額です。

でも、毎日メンタルケアの依頼があるわけではない。

それに去年は、自宅の一部をカウンセリングルームにするための費用など、活動した分の経費はそれなりにかかっているのです。


以前、もう何年前のことかも忘れてしまったくらい前のことですが、カウンセリングルームとして市外で部屋を借りていた時、その家賃が払えずにコンビニでバイトしたことがありました。

その時、そこのスタッフの女性の1人から、「カウンセリングっていくらですか?」と質問され、私は「60分5.000円です」と答えたのですが。

その女性の、「ふーん。5.000円ももらってるカウンセラー先生が、どうしてこんなところでバイトしてるの?」と、ちょっと嫌な言い方されたことを覚えています。



私は一応、「ライフワーク」という表現はしているものの、メンタルケアの仕事は道楽でできるほど甘くないと思っています。

お勤めの人とは違う形での努力、違う形でのお金が必要ってだけのこと。

しかし去年かけた経費の内容を見て、反省すべき点は多々ありました。

それは、「使わなくてもいいところへ使ってしまったな」ということでした。

結果的にお客さまのためになる部分に経費を使ったのではなく、関係者へのご機嫌取りで使ったお金が多かったと思います。


これは、とある店のオーナー女性が言っていたことですが、「お店に来てくれるお客さまが幸せなのが、私の幸せ」って。

そう言って彼女は、自分の店を利用するお客さまたちに、商品以外で様々なサービスをしていました。

ですが、私はこの時、思ったのです。

それって逆で、「お客さまが幸せなら、私は幸せ」ではなく、「私が幸せだから、お客さまも幸せ」じゃないの?と。


確かに、お客さまの幸せ(顧客満足)は、私のような仕事をしている者にとっては大事なこと。

でも、自分の身を削ってまで奉仕することには、少々反論あり、です。


これと似たようなことが、お母さんと子供の間にも起こりやすい。

お母さんは、「子供のため」と言っては子供を優先し、自分の満足は後回しにする。

これが悪いと言っているのではありません。

母親の愛はそういうものだと言われたら、子供のいない私には何も言えませんし。

でもね、自分から溢れ出す愛情が、他者を満たすのだと思うのです。

これは、マツダミヒロ氏の「シャンパンタワーの法則」です。

シャンパンタワーの最上段にあるシャンパングラスを満たせば、溢れ出たシャンパンによって、その下段にあるすべてのシャンパングラスは満たされていく。

その最上段にあるシャンパングラスこそ、「自分」なのです。



私たちはみんな、何(誰)のために仕事をしているのでしょうか?

子供や家族のため、でもいいと思います。

でも、自分を最優先できない人は、誰も守れないのではないか?とも思うのです。

本当に大切にしたい人のため、大切にしたいもののために働くのだとしたら、まずは自分自身を最優先できることが必要。

目先の利益だけに囚われず、自分が働く本当の目的を考えてみることも、時には必要なのかもしれませんね。

そして、その目的を確認したら、それに対して不必要なものは切り捨てる勇気を持つこと。

これ、去年分の金銭出納帳を見た、私の痛い気づきでもあります。




ちなみに、過去の私は、「カウンセリングルームが無ければお客さまには来てもらえない」とする思い込みに囚われていたのです。

そこで無理をして部屋を借り、カウンセリングルームを作ったのですが、結果は、家賃支払いのためのバイト三昧の日々。

バイトで疲れてカウンセリングができない状態に陥り、これぞ本末転倒、という痛い経験でした。

「人が信じられない。人が怖い」愛着不安を抱えていた私は

あなたには、何でも話せる人がいますか?

心の支えとなる人がいますか?


先日、こんな本を買いました。

『愛着障害 子ども時代をひきずる人々』

精神科医の岡田尊司先生の著書です。

実はこれ、「自分の中の劣等感」からネットサーフィンしていて辿り着いたもの。

この本を読み、まるで私自身を主人公に書かれているような、「え?まさに私のことじゃん」といった感覚を得ました。


子供のころの私は、常に親から否定され、批判され、疎外されていた記憶しかありません。

親にとって私は、「理解できない。扱いにくい。好きではない」子供だったようです。

そのため、「自分らしさのままで生きると親に愛されない」と学んでしまった私。

年を重ねて成長はしたものの、親との間で学んでしまった「対人スキル」は、社会に出てもそのまま使うことになりました。

その結果、「人が信じられない」だけでなく、「人が怖い」と思うようになり、人といると常に緊張して消耗してしまうといった人生を送ってきたわけです。


ですが。

この本を読み、そんな風に生きてきた私にも、今は、ちゃんと私を受け止めてくれる存在がいたことを、改めて確認させてもらえました。

親との間で、うまく愛情のやり取りができなかった私に、親代わりとなって愛情と信頼を与えてくれる人がいる。

そういった存在を、この本では「安全基地」と表現しています。


50歳を過ぎ、こんなことをブログに書くのはどうだろうか?とか、ここまで自己開示してしまうことに恥ずかしさを感じないわけではありませんが。

長い間、「人が怖い」「人が信じられない」とする人生を生きてきた私にとって、「どんな私でも嫌われない」という相手は、無くてはならない心の支えです。

それが、我が親友。

彼女にだったら、どんなに暗くて深い心の闇もさらけ出せる。

そこにある信頼は、友情という言葉では語りきれない強さと確かさなのだと思っています。


ただ、ひとつ言いたいことは。

そんな関係性の構築には、「親」と「子供」の「子供」のように、ただ「親」から愛を与えてもらうばかりではなかった、ということです。

オトナになってから求める「安全基地」作りには、自分自身も相手を信用し、自己開示して頼っていく必要があると思うのです。

「人が怖い」「人が信じられない」といった心に闇を持つ私が、勇気を出して関わった結果、手に入れられた素晴らしいもの。

それが現在の、親友との関係性です。

ですから、「愛着不安」という障害を抱えて生きる上で、まずは自分自身が親との関係性の中で愛情をやり取りできなかったことを認めて受け入れ、「安全基地」となる存在を探していく。

それは、いくつになってもできる、遅くはない、と思うわけです。


そういう私も、相変わらず人は怖いですし、誰でもかれでも信用するわけではありません。

でも、社会に出て消耗する自分をエネルギーチャージできる場所=安全基地、があるという事実は、「人が怖い」「人が信じられない」など些細なこと、とさえ思えるもので。

劣等感の強い私の言動、私という存在を、親友は決して否定せず、常に肯定してくれます。

そんな、「どんな私でいても大丈夫」と思える存在が私にはいたんだ、と思えた先日……

仕事で失敗して凹んでいた私は、どこかに消えてしまいました(笑)



残念ながら、私のように愛着不安を抱えたままオトナになってしまった人は、今更親子関係をやり直せませんよね?

ですので、今からでも遅くない。

「なんでも話せる相手」を見つけることをオススメします。

もちろん、もともとが「人が怖い」「人が信じられない」といったベースでしょうから、簡単ではないはず。

それでも、チャレンジする価値はある、と私は思います。

ひとつ終わり、ひとつ始まる。ひとつ手放し、ひとつ前に進む。

今年も今日で終わりですね。

1年間、お疲れ様でした、と、自分に言ってあげたいところです。

2018年の最終日の今朝、私は1年の集大成とも言えるコミットメントをしました。

ここ数か月の自分の身に起こったこと、それに対しての自分のレスポンスを考え、自分が手放さないとならないことがハッキリしたので。


私は幼少期に、親から、自分が望む形での愛情がもらえませんでした。

その影響で、大人になってから、親からもらえなかった愛情の代わりを周囲に求める傾向です。

でも、そういう生き方は正しくない、不毛な行為なのだと理解できるようになりました。

ですが、人として生まれ、生きて、人から愛されたい、好かれたい、認められたい、求められたい、という欲求が消えたわけではありません。

それゆえ、迷走しては消耗するといった繰り返しをしているのだと思います。


相手と時間を共有し、その中で相手を知り、それが分かり合えない関係だと分かった時、私は傷つきます。

どんなに慕っても自分が想うほど相手からは想われないのだと分かった時、生きている価値などないのではないか?とさえ考えたりします。

けれども、「個性」というものは全ての人に存在するもので、それによる「相性」の良し悪しもまた存在するのです。

例え親子であっても、価値観の合わない者同士は上手くいかない。


そして、悲しいのは、自分の価値観と違う相手を、否定し、批判し、疎外しようとすること。

人間関係のトラブルは、こんな感じの原因から始まる気がします。

「価値観の違いを、どうするか?」

これが人間関係の課題なのでしょうね。


私は今朝、今まで関わっていた相手としばらく距離を置く覚悟を決めました。

価値観の溝が埋められず、これ以上一緒にいると争って傷つけあう結果にもなりかねないと判断したからです。



今年も、様々な出会いがあり、様々な別れがありました。

「どうして私は、人のと関係や物事が長続きしないんだろう?」

以前はそう自問してばかりいましたが、その理由も今になれば分かります。

私にとって、出逢って関わる人は、みんな、その時の学びを共有するソウルメイト。

ですから、学びが終われば速やかに解散、といった流れになるのだと思うのです。


「現状維持は、実は下降」と教えてくれた人がいますが、その通りだと思う事が最近多くて。

「上昇」を求めて生きるためには、「変化」は必要不可欠なものではないでしょうか?

なので、2018年の最後の最後に、ひとつの執着を手放し、「現状維持」ではなく「一歩前へ進む」ことを決めたのでした。


ひとつ終われば、ひとつ始まるでしょう。

人間は、執着を手放すごとに前に進む。

手放したものが大きければ大きいほど、次に手に入るものは、手放したもの以上の大きさのものだと思います。


時間は流れています。

動いています。

ですから、その流れに逆らわず、自分も変化を受け入れて生きる。

辛いことも悲しいことも、楽しいことも嬉しいことも、全部、その変化の流れの中にあります。

自分と向き合い、流れを止めている執着、心の枷となっている縛りに気づき、ひとつひとつ手放し、枷を外していく。

来年もこの作業を続けていくことを自分自身にコミットメントした、2018年の最終日。



とにかくとにかく、1年間、一生懸命に生きた自分に、「お疲れ様」を。

みなさまも、よいお年をお迎えくださいませ。

仕事と人間関係のストレスが原因で会社を辞めたらいけませんか?

ずいぶん前ですが、行きつけの美容院でのことです。

いつも担当してくれる男性美容師Kさんが話してくれたのですが、美容師さんて、シニアになって残ってる人って少ないって。 

その理由としては、やはり仕事がキツイって多いみたいでした。

若い人でないと大変って言うか。

過酷な仕事なんだな、って思いました。


で、その時、「辞めたくないのに辞めざるを得なかった同僚の話」もしてくれたんですよ。

Kさんと同じ店で働いていた、その男性美容師Aさんは、薬剤でかぶれる体質だったのだそうです。

美容院では、シャンプー、リンス、トリートメント、パーマ液、カラーリング剤など、ケミカルな液体を使いますよね。

ヘアセットする時に使うスプレーやワックス、クリームなどもケミカルなもの。

男性美容師Aさんは、それらの薬剤でかぶれてしまう体質でしたが、頑張って仕事を続けていたのだそうです。

しかし、Kさんが言うには、「そのかぶれが手から腕に広がっていって、胸や背中にも広がってしまったんですよ。それで結局、美容師を続けられなくなったんですよね」ってことでした。

仕事が嫌だったとか、お店の人間関係が嫌だったとかではなく、使う薬剤でかぶれる体質だった……

それで仕方なく、美容師をやめた。

この話を聞き、私は「あー、かわいそうだな~」と思いました。


でもね。

同じように「仕事を辞める」のでも、「仕事が嫌だ」「嫌いな上司がいる」などの理由で辞めたら、どうでしょうか?

「あー、かわいそうだな~」って、思いますか?

「薬剤かぶれで美容師をやめる、美容院を辞める」ことと、「仕事が嫌だ、人間関係が嫌だ、と会社を辞める」ことと、何が違うのでしょうか?

前者だと「仕方ない」だけでなく「同情」までついてきますが、後者だと「ワガママだ」「ガマンが足りない」「コミュ障」など、批判までされませんか?

「勤めていた職場を辞める」ことは同じなのに?


じゃあ、会社を辞めるのに、どんな理由だったらいいのでしょうか?

どんな理由だったら、批判されずにいられるのでしょうか?



私は今年に入ってから5ヶ月間、とある派遣先でCADオペをしていました。

辞めた理由は、「仕事と人間関係のストレスで体調不良になったから」です。

その時に始まった耳鳴りは後遺症となってしまい、治ることはなく今もなお24時間、私を苦しめています。

24時間続く耳鳴りと、これから私は一生、付き合っていかなきゃならないのです。

耳鳴りは難聴を引き起こし、今は電話も聞き取りにくい状態ですよ。



「ストレスが原因で」という理由は、会社を辞める理由になりませんか?

最近、就活の面接の場で、前の派遣先を辞めた理由を聞かれ、「ストレスが原因で体調不良になったので」と言ったところ、ちょっと嫌な雰囲気になったので。

その時心に引っ掛かったことを、今日は書きました。

それに、先日、あの手相占い師に「ガマンができない性格だ」と散々責められましたからね。

まぁ、逆に、本当にガマンができない性格なら、さっさと派遣先を辞め、後遺症になるほどの耳鳴りなど抱えずに済んだのでしょうけど(笑)