それは問題か?問題じゃないのか?

昨日のことです。

買い物先で、偶然、中学の時の同級生に会いました。

そこで普通に世間話をしたのですが、私、その会話の中で「モヤッと」したことがあったのですよ。

 

昨日の朝も具合が悪かったりで、家で節電のこと(笑)ばかり考えてても腐るな~って思って外出しました。

ただ、化粧をしていくモチベーションはなく、スッピンのまま。

そこで同級生に会い、お互いの近況報告をしたのです。

 

私、きちんと化粧している彼女に対して、スッピンの自分で少々バツが悪かったのかもしれません。

それに、ブラウス1枚という薄着。

だからなのか、言い訳めいたことを言ってしまったんでしょうね。

 

「私、更年期でけっこう具合悪くてね。太ってるのもあるんだけど、やたら暑くて、こうして薄着しててみっともないよね?スッピンで買い物来ちゃうし」

と、口から出ていました。

すると彼女、「私だってそうだよ!」って。

 

その返事で私、「仲間意識」が芽生えてしまったのか、

「そう? 私、こうやって暑かったり寒かったりが激しくて、体温調整できてないって言うか、自律神経失調気味でね。今朝も具合悪くて」

と、また口から出ていました。

 

そしたら彼女、言ったのです。

「『私は更年期じゃない!私には更年期はない!』って思いなよっ!」

 

 

 

彼女は同級生の中でも、体育会系で元気がいいタイプ。

人の悪口は言わないし、明るくて付き合いやすい女性なので、人間関係が不得意な(笑)私でも、普通に関わっていた同級生です。

その彼女が、強め口調で発言したので、私は少々引きました。

 

まぁ、「家にいて腐るから、気分転換に外出するか…」程度のモチベーションでいた私ですから。

その声のトーンの強さに驚いたと言えば驚いた。

 

確か私、そこで、「そうだね」と言って返したと思います。

そしてすぐに別れました。

 

でも…

なんだかモヤッとした気分が残り、帰宅してからも考えてしまったのです。

 

…だって、更年期は更年期じゃん?

それをどうして、「更年期じゃない」って、「無かったこと」にしなきゃいけないの?

 

 

私の同級生は、私を励まそうとして言っただけでしょう。

彼女はそういう優しい人です。

 

ただね…

私は「(更年期症状で)困っている」とは一言も言ってないんだよね…

 

 

この件を通じ、その物事、問題を、「受け入れている」ことと「口に出さない」ことは、別物だと思いました。

私は、女性には更年期が来るもので、その症状には個人差があるって、知っているし、理解もしています。

更年期症状として、人前で顔から汗が噴き出すことは歓迎しませんが、それも仕方ないと諦めている。

そういうものだから、と。

 

だからそれを、黙っていれば良かったのかな?とも思いました。

それに、「私は更年期ではない」って、真実と違うことを自分に言い聞かせなきゃならないなんて、それも納得できないし。

 

つまり。

私はそういう問題解決の仕方はできないってことです。

自分に嘘はつけないって言うか。

何より私が彼女と違うのは、「更年期症状で辛い」と認めた上で、「じゃあ、どうするか?」の対策を講じる部分ですね。

 

 

 

メンタルケアの仕事を選んだことで、他人のメンタルに接する機会が増えて感じることは、自分の感情や意識を抑圧しなきゃならないために、その感情や意識を「無かったことにする」人が多いということです。

まさに昨日の、同級生の言葉。

『私は更年期じゃない!私には更年期はない!』…か。

 

でもね、これに関しては「正解」はなく、個々で解決すればいいことだと思うのです。

「問題は無かった」と自分に言い聞かすことで問題解決する人もいれば、私のように、「それは問題だ。じゃあ、どうする?」と、問題解決を探す人もいる。

 

 

ちなみに。

私の知人は、熱があって具合が悪い時に、体温を測らないんだとか。

なぜって、体温を測ってしまって「熱がある」という事実を知ってしまうと、「あ~、熱があるんだ」と、本当に具合が悪くなってしまうからだとか(笑)

それを聞き、「熱があるという事実を知っておきたい私」とは全く正反対なんだな~、面白いな~、と思いました。

 

 

問題解決も、自分のやり方でいいんですよ。

他人と同じようにしなくても、大丈夫。

「問題はない」と扱っても、「問題だ」と扱っても、それは自由です。

 

 

 

広告

仕事を選ぶ時に必要なことは

今、どんな仕事をしていますか?

どんな働き方をしていますか?

 

 

先日、仕事についての相談を受けました。

その人は、「今の仕事が自分に向いていない、職場環境が自分に合っていない」と気づき始めて、モヤモヤしていたのです。

このまま前に進んでいいのか?と、悩んでいたわけです。

 

 

仕事をする上で大切なこと。

それは、ひとりひとり、みんな違います。

だって私たちはみんな、「能力」も「価値観」も違うのですから。

 

何を基準に仕事を選ぶか?

今、仕事についてモヤモヤしている人は、もう一度考えてみてもいいと思います。

 

自分にとって「絶対に必要なもの」を犠牲にしていないか?

「絶対に必要なもの」がちゃんと満たされているか?

 

 

仕事の相談をしてくださった方の「必要なもの」は、「(経済的な)安定」でした。

そして、マイペースを保てる「自分主導での動き」ができること。

なのに、今のその人の仕事は、その2つとも満たされてはいなかったのです。

これでは仕事がストレスになって当たり前、な状態でした。

 

 

人間には、「向き・不向き」があります。

「能力」や「価値観」同様、それはとても大切なこと。

それらは「個性」と呼ばれるもので、私はその「個性」をとても大切に思っています。

 

そして「仕事」とは、私たちが生きていく上で必要不可欠である、と言える人が多いはず。

ですから、「どんな仕事をするか?」「どういう働き方をするか?」は、とても大切な問題ですよね。

それはメンタルの安定のため?

ここ数日、痛い気づきが次々と来ています。

水星逆行中ですから、それも必然なのでしょうね。

 

人間、気持ちがネガティブに傾く時があることが、普通です。

そして、ネガティブな気持ちを持つと、傷つきます。

だからなのか、ネガティブな気持ちを持つことを極度に恐れる自分がいませんか?

 

例えば、苛立ちや不安や心配、罪悪感や劣等感。

そういったものを感じることが嫌で、「回避する」ことに必死になってしまう。

それを、無意識でしてしまっていることに、私たちは気づけずにいます。

 

「依存」とは、そういう時に発生するのだと思います。

その目的は、「メンタルの安定」です。

 

人間関係での「依存」も、結局は私たちが自分のメンタルの安定のために、他人を求めて使っていること。

それは、他人をコントロールしようと「支配する側」にまわることもあるでしょうし、無関心を装って他人を遠ざけることもあるでしょうし、他人に合わせるふりをして自己主張しない、ということもあるでしょうね。

 

そして私たちは、そんな自分の「心の闇」に気づかず、目の前の相手しか見ないのです。

自分が勝手にメンタルの安定を求めて近づいてきているくせに、思い通りにならない相手のことを批判して攻撃したり、「ダメな奴だ」と裁いたり。

「いいの、私は孤独が好きなの」と言いながら、引きこもったり。

 

それってみんな、「傷つきたくない自分」がさせていることです。

自分で自分を傷つけているくせに、他人に傷つけられたと言う。

というか、「言いたい」のですね。

 

「問題」は、自分の中にあります。

自分に起こる都合の悪いことの原因は、自分自身が持っています。

なので、「メンタルの安定」を他人を求めても無駄なのです。

 

他人を責めてしまう自分、他人を遠ざけてしまう自分、他人に媚びてしまう自分…

そういう自分とちゃんと向き合いなさい、というタイミングにある今。

「傷つきたくない自分」はどんな自分で、なぜそう思うのか?を、確認しないといけないんですね。

仕事と家事に追われて自分の時間がない女性たちへ

昨日、数名の女性たちとお話しする機会があり、そこで気づいたことです。

 

彼女たちのストレスになっていたのは、「時間が無い」ことでした。

「やらなければならないこと」が山積みの彼女たちは、「自分の時間」が思うように取れないのですね。

 

家事、家族のサポート、そして、自分自身も働いて家計を助け、なおかつ、自分自身が輝くためのライフワークを持っている。

「女って、すごいな。パワフルだわ~」と、心にグッと来るものがありました。

 

 

けど、自分の時間がとれないために、ストレス解消も充電もできずにいる女性たち。

親の介護をしていた少し前の自分を見ているようで、ちょっと悲しくもなってしまった私です。

 

そこで彼女たちには、「手を抜くところは抜いて、自分の時間を作らないと」と言いました。

でもやはり、「家事を手抜きした分は自分に返ってきてしまう」という意見もあって。

 

確かにそうなんです。

わかります。

結局、ワンオペですから。

自分がするしかない状況にいますから、「手抜き」=「後回し」にしただけのこと。

なので、世の女性たちは家事に縛られてしまうのです。

 

ただ、ちょっと意識を変えるだけで、この辺も改善すると思います。

それは、

「自分じゃなくてもいいことは、しない。人に任せる」

という意識で動くことです。

 

私は認知症の母親のことを、まずはケアマネージャーに相談し、デイサービスに通わせるようになった時、とても楽になりました。

最初は、ケアマネージャーという存在も、デイサービスという存在も、何も知らなかったんですよ。

認知症になった母親は、家族が面倒看るのが当たり前という意識しかありませんでした。

でも、「介護は介護のプロに任せる」ということができるようになり、そうやって世の中は回っているんだな、と改めて感じます。

 

私は、「私じゃなきゃダメなこと」だけすればいい。

あとは人に任せて、作った時間で自分を休ませるなり磨くなりすればいい。

 

何もかも自分でやることはないんです。

お金を払ってプロに頼めば、そのプロの収入になるじゃないですか。

お金って、そうやって使うものですもんね。

 

 

家でも職場でも、どこでも、ごくごくシンプルに、「自分でなきゃダメなこと」だけしていればいい。

誰がやってもいいことなら、誰かにやってもらいましょ♪

自分の軸があるのは、自分の外側?自分の内側?

先日、マヤ叡智教導委員でありアニマルメッセンジャーの三知代先生から、こんな言葉をいただきました。

「自分の軸が、自分の外側にあるか?内側にあるか?」

これ、とても心に刺さった言葉で、この後私は何度もこの言葉によって救われたんですよ~

 

よく、「自分の軸はあるか?」と、「軸」の存在そのものを探して確認することはします。

ですが、それが「どこにあるか?」を意識したことはありませんでした。

 

三知代先生がおっしゃるには、「他人の言葉を元にした選択や決断をしている時は、自分の軸は自分の外側にある」ということです。

なので、「自分の軸は自分の内側に置く」ことが自然な形なのだと教えていただきました。

 

私たちは、生きていると日々様々なシーンで、「選択」や「決断」をすることになりますね。

心の自立ができている人は、この「選択」「決断」を、「自分の内側に置いた軸」によって行っています。

ところが、心の自立ができていない人は、「選択」「決断」を「自分の外側に置いた軸」によって行ってしまうのです。

つまり、「依存」ですね。

 

また、目に見える「依存」が無く、心の自立ができているように思える人でも、実は潜在意識で他人を軸にした選択や決断をしていることがあるのですよ。

私が思うには、「自分の軸が自分の外側にある」場合、選択したことや決断したことが、結果的に「他人のため」「他人にメリットがある」という状態になる気がします。

それは数日前に書いた「偽善」とよく似ていて、誰も幸せにしない結果で終わるのかもしれないと思うわけです。

 

「自分の軸を自分の内側に置く」ということは、「自分はどうしたいか?」と、自分目線で物事を考えること。

それは決して「わがまま」「自己チュー」ではありません。

 

 

私自身、三知代先生からいただいたこの言葉で自分を見ている最近、自分の内側の軸で決められていなかったことが多くて驚いています。

気づいてしまったからには、公私ともに軌道修正しなければならないものがありました。

 

「自分の軸を、自分の外側に置くか?自分の内側に置くか?」

これは大事なことですね。

アドバイスとおせっかいの違いは?

先日、ある人から説教めいたことをされ、思わず「おせっかいだなぁ」とイラついたことがありました。

本人は「良かれと思って」の「アドバイス」をしていたつもりでしょうけど、私はそんなの、ちっともありがたく感じなかったのです。

 

以前、「アドバイスとおせっかいの違い」として、「それを相手が望んでいるかどうか?」の違いなのだと学びました。

「助言してほしい」と相手が望んでいる場合は、こちらの言葉が「アドバイス」になり、そうじゃない場合が「おせっかい」なのだと。

 

でも最近、それだけではないな、と思うのです。

 

アドバイスをしたがる側の意識の中に、「偽善」や「悪意」、自分の「エゴ」などが入っている場合、これは「おせっかい」として相手の耳に聞こえるな、と思います。

つまり、「何らかの自分の欲求」を満たすために相手を使っているのに、さも「あなたのため」みたいに言うから、その「下心」が伝わってしまう。

 

よくあるのが、母親が子供に、「勉強していい大学に入れば、いい企業に就職できるのよ」とか何とか言うケース。

母親はそれを「それが子供の幸せですから」と言い切りますが、それ、ホントに「子供の幸せ」ですか?

いい大学に行って、いい企業に就職した…子供の、母親になること…

つまりそれは、

「お母さん、あなたの幸せではないのですか?」

 

 

「アドバイス」は、その相手のこと(事情や気持ち)を尊重した上で、愛のある助言をしたいものです。

でないと、「おせっかい」として疎まれてしまうことになりかねませんね。

「私」と「あなた」は別物です

私は短気です。

それゆえ、結果がすぐに出ないものは好みません。

 

私は飽きっぽい性分です。

なので、毎日コツコツと、同じことを繰り返すことが苦手です。

 

私は協調性がありません。

人と過ごすより自分一人で過ごす方が好きです。

 

 

私たちはみんな、それぞれ別の個性を持って生まれています。

それは、容姿や能力、好みや価値観などが、他人とは違うということ。

でも私たちは、時に、他人と比べて自分の方が「劣っている」と位置付ける…

 

それ、おかしくないですか?

変でしょ?

みんな違うって分かってるのに?

 

自分を知るためには、他人と比べることが必要な時もありますが。

基本、「私は私、あなたはあなた」で、いいのです。

 

 

他人より劣っているところがあるのは、当たり前。

だって、他人より秀でているところがあるんですもん。

だから、自分をイジメないであげてくださいな。